« 【呟】寒さ…痛さ。 | メイン | 【呟】聞こえてくるもの。 »

2019年11月17日 (日)

【バスケ】才能とかを超越してるナニカとの出逢い。

金曜日の話。
少し前にバスケから距離を取っていた時。
あの時には、今のステップとか、スキル系のバスケはね。
教えるのには、時間とか場所とか難しいのかも…。
なんて、ちょっとだけ飽きて来てたのかも知れない。

そんな感情の中。
地元の知り合いの子供達にバスケを教えている中でね。
数年前に「できないかも」って思ってた技術を難なくこなせる。
そういうレベルに足を突っ込む選手が出てきたのは、、、。

正直うれしくてたまらない。

今考えれば、それを求めるあまり、県外へ出たりして場数だけ、
グイグイあげたりして、そういうのが必要ではなかったんだなって、
ちょっと教え子に教わった気がしました。


丁寧に教えて、しっかり理解して、噛み砕けて、基礎をサボらない。
それだけで、選手は当然のようにバスケットボールができるトコロまで、
しっかりと自分達の足で登れるじゃないですか。

やはりダメだは…ダメですね。

楽しく、気持ち悪く、ニマニマしながらやらなきゃバスケじゃないね。
しかも結果とか、バスケで生きる!とか、、、。
そういう陳腐なモノも要らないね。

バスケ好きのわたしがココに要る。


これだけで良かったんです、やっぱりね。


気持ちいい空気間の中。
心地の良いステップの音とバスケ独特のスキール音。
一切の雑音がしない、その五月蝿い体育館は…。

本当にステキで、ウチの目指しているモノの1つでした。

ありがとう。
それしかない感情も、ホントに久々で、なんだか小躍りしそうだわw
 

コメント

コメントを投稿