« 出会い、別れ。 | メイン | ザワつくココロ。 »

2020年8月 9日 (日)

出逢い、別れ。

年下にバスケで負ける事は悔しい。
その悔しさが選手の『次』を考えさせるのだ。

踏ん張ってより打ち込む!そこへ到達する者。
壁を前に諦めてしまう者、様々である。


つい先日、悔し泣きをしてた選手。
持ち前の運動神経で年下との差をカバーしてたんだけど。
遂に抜かれる事態となった。

熱量は低く、印象値も付くか付かないか程度。
そこに最近売り出し中のガッツで下級生が喰いついたのだ。

練習量も倍程違えば、追い越されるのに1ヵ月も掛からない。
アレよアレよという間に、立場は逆転である。

それが痛いほどわかる経験が加わったのだ。

「もう無理か?期待するのをやめようか?」
わしも色々思ったが、ソコはやはりウチの子でした。

「口を一文字にして、追加練習に参加します!」
そと言ってきたのである。

あの時の目は、しっかりバスケの尻尾が見えていてな。
とっても清々しい、真っ直ぐな目だった。


その目が出来れば大丈夫。
わしはそう思ったし、コレからの化学反応も楽しみである。

彼女は二度と負けないような努力をするだろう。
そうすれば下級生達も、一生懸命になるに違いない。

ドコかで「負けて当然」っていうのはあるかも知れん。
でもな、それに蓋をして、突っ走ってこそのバスケなのだ。

全員がいい時間を過ごせると良いなぁ~。
それはな、年寄のわしが、彼女らに唯一願うコトである。
 

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

goiru