« ふぁいと!に込めた願い。 | メイン | 備前平野に春を…。 »

2021年2月20日 (土)

見たくないモノ。

試合がない状況が、最後までやらないでいいっていう、
あの不思議な空気を許しているのでしょうか。

例えば、ミスをしてボールが転がる。
これは1対1の時、その状況を「あっ!」って感じで、
立ち止まってコロコロ転がるボールを見てる。

ただただ2秒ほど見てる状態。

ミスして恥ずかしいのか、動かない方がミスしました!
そういう雰囲気を悟ってもらえると感じているのか。

ドチラにしても、淋しい状況である。


わしの団体にそういう時間がある。
昔の教え子が見たら怒るだろう、キット許してはくれない。
「アンタも歳を取ったな!」って殴りつけられるかも。

でも、そういうコトをされても仕方のない熱量でね。
バスケットボールを追っ掛けていたのも事実である。

なんだか不完全燃焼的な感じ…。
奥歯にモノが詰まった感じが、ドコかしらあるのは、
こういう見逃しているモノから来るのだろうな。


ミスを見てる、その状況を伝えているだけでは、
絶対に上手くはならんし、やるだけ無駄である。

そういう態度だから起こりうることもある。


因果応報。


全ては返ってくる。
そういう選手にはナニカが返ってくるし、
それを許してる指導者にも、ナニカが返るだろう。

わしに返ってくるのは良い。
けど、教え子には無駄な苦労はさせたくないのだ。

必要な苦労なら、ケチャップが出るまでやってほしい。
けど、無駄な苦労ってのは、残酷だし腐臭もする程。


それをするのなら、指導者のわしから正さないとね。
やはり”廻り回る”かなと、少し丹田に力が入った。
 

コメント

コメントを投稿