« 【バスケ】自分の核の部分をまず知る(作る)。 | メイン | 指導者は絶対語らない、かなりディープな話。 »

2021年5月 5日 (水)

【バスケ】基礎を知る、シュートを知る、そして…バスケを知る。

『シュートフォーム』というモノがある。
バスケをしていると、、、。
ベストのシュートフォームを習得する事が目標だと、
ついつい勘違いしてしまうコトがあるのだ。

シュートフォームの習得は過程である。

早くリリースするとか、入る確率を上げるとか。
そういうモノの過程でしかない。

なので…。
早いリリースを習得するためにシュートフォームがある。
こうなるのが正しい考え方なのだ。


その為の時間を、昨日作ってみた。

それぞれに『フォーム』を作って行く練習をする。
それはシュートを入れる為の過程であると確認しながら。

選手それぞれにフォームは違って当たり前。
でもな、、、同じじゃないとイケないトコロもある。

シュートはいつでも下から打っているという事実だ。

選手とも話をしたけど、、、。
「バスケのシュートは、常に下から打っててな。
 ゴールは天井の方に向いているんだよ。」

これを知らない、気付いてない選手は割といててな。
はじめたばかりの子もそうだけど、やってた子でも、
”そういう実感”がない選手は居るのだ。

それに気付けたのならね。
それだけでも昨日の時間を作った意味があるってもの。

ああいう時間は増やしていきたいのだ。


わしは練習の中で選手と話し合いや考察をしながら、
バスケットボールをしていきたいと思っている。


淋しがり屋のじじぃの我が儘かも知れんが…。
その方が楽しそうだし、その方が気分も楽じゃないか。

「ウチらしく、楽に行こう!(≧▽≦)」
 

コメント

コメントを投稿

プロフィール

フォトアルバム

goiru