« 2019年9月 | メイン | 2019年11月 »

2019年10月の34件の記事

2019年10月31日 (木)

【呟】

はっぴ~はろうぃん!
 

【呟】心底イヤなんですよ、キット。


先生「とりあえず今日から2週間入院してもらうから!」

わし「嫌じゃ!断る!」

先生「ダメ絶対」

わし「毎日通うから、入院みたいなもんじゃし、ソッチでw」


・・・・・この辺りで目が覚めた。。。
 

2019年10月30日 (水)

【呟】哀しいけど能力の低い人はいますよね…。

ウチの前。
道路工事、真っただ中。

ガードマンが止めないので、グイッと進入したらね。
現場の方々から怒鳴られたw

いや、ソコまでアレなら、とにかく全力で止めろよwww
 

2019年10月29日 (火)

【バスケ】さぁ、次のステージへ。

リズム系の技術は、音を1つ外しただけでつまらなくなる。
音が取れるようになる→早めたり遅めたり出来るようになる。
その後、また楽しくなるという感じですかね。

たーだー…。

リズムが掴めないとか、テンポをコントロールできないとか。
そういうトコロで躓いていると、訳が分からない不思議な空間に、
ドカーンと投げ込まれたような感じがあると思う。

なので、楽しさを感じるには、練習の積み重ねが必要です。
ポッとやっただけでは、手応えはスカスカでしょう。

ま、それで良いと思っております。

積み重ねれるまでになった子が、たまには報われないとね。


そういう視点から見ているとね。
コレからもう一度踏ん張らないといけない子。
そのままのレベルを保たなければいけない子。
まだまだ理解からはじめないといけない子。
悩んで苦しんで、技術を見つけないといけない子。
など、個人個人で様々な状況を生むことができました。

11月からは、体育館の様子も少しずつ変化していきます。
それぞれのスタートがちゃんと切れるといいなぁ。。。
 

【呟】我が家の子猫冒険記。

今宵は鍋。
4つほど『黒豚しょうゆ鍋の素』を買い込み。

台所にちょこんと置いてゴソゴソ用事をしてたら、、、。

我が家の一番下の子猫ちゃんがいたずらしましてね。
見事な”黒豚しょうゆ味”に出来っておりましたw



このまま放置で楽しもうか、洗って絞ろうか…。

ただいま迷い中でありますw
 

2019年10月27日 (日)

【呟】祭り。

淋しくなっていく。

そういうのを見るのも、祭りの一部なのかも知れない。
騒がしく、盛り上がってて、コレから!って時を見る人。
そうでなく、今みたいな祭りを見る人。

みんな違ってるんです。

楽しみ方も、感じ方も、みんな違っていいんです。
そもそも…そういうモノなのだから。。。
 

【呟】可愛さという強み。

人として可愛いのは強みだ。
スポーツをしてても、勉学をしてても、、、。

公園のベンチで休憩してたとしてもね。

その強みはやはり輝いている。
 

2019年10月26日 (土)

【バスケ】バスケに嘘がつけない場所。

人それぞれに色々な事情があります。
時にはバスケの優先順位を下げないとダメな事もあったり…。

そういう日がいつ訪れるかわからないのでね。
ウチの子には、バスケができる1日1日を大切にしてもらいたい。

その瞬間のドリブルを、その刹那のシュートを大切に。。。

こう書いていると、とっても切ないのだけれど…。

バスケットボールなんてそんなモノである。
けど、そんなモノを一生懸命にやるのは、やはりステキでね、
そういう時の選手の顔は、本当に充実している。

なので…。
”やはりバスケットボールである”とも言える。



さて、前置きが長くなってしまったけどね。
昨日も良い体育館になって、選手それぞれが自分に素直に、
バスケットボールと対峙していた手応えを感じています。

ドリブル1つ、シュート1つにもその意識を感じるようになり、
やらされている、なんとなくやっているなどとというモノからね、
グッと離れた練習時間になりました。

途中、タイミングをズラす意地悪なトラップもあったのですが、
ソコも乗り越える(もう一度タイミングを合わせる)までになり、
自分の中に芽生えつつある、技術というモノを再確認できたり。

その後のシュート練習でも、先日までは楽な方、できない方に、
合わせてしまうような残念な時間もあったのですが。

コレも全くなく、シュートの打ち辛さ、ドリブルのし難さをね。
マジマジと感じ、それを一生懸命修正したり、研究したり、
シュートフォームを変えたり、ドリブルを考えたりできてました。

コレぞウチの姿。

悔しいとは少し違う、でも、バスケに嘘をつけない。
結局上手くなるしか、自分で自分を納得できなくなっていく。

どうにかこうにかココまで漕ぎつけました。

適当にやっている、その時だけバスケをやっているようなね。
「バスケやってましたよ感」を出す嘘吐きには絶対に辿り着けない。

そういう場所なのです。

スマンね、また、ウチが先に行くわ♪
 

2019年10月25日 (金)

【呟】天気が悪いと云々。

今日も天気が悪い。
何があったか知らんが、この雨24時間降り続いてる。

こうなって来るとな。
そろそろわしの靴下のストックが底をつきそうになる。

早くスカッと晴れんかな?
  

2019年10月24日 (木)

【バスケ】手前味噌の味。

わしは喋るのが好きだなと、つくづく思う。
昨日も1時間、喋りっぱなし、書きっぱなしw

座学、講習…言い方はいっぱいあるけど、そうだな。
座談会に近いその雰囲気の中で、チョークの音と、ペンの音。
そういうのが気持ちよく響いてる、いい場所であった。

ああ言う雰囲気だったら、いつでもドコでもいいなぁ。

バスケを追いかける上で、ドリブルがどのくらい難しいか。
シュートがいかに気持ちいいか、ソレを理解できそうになる。
その瞬間は本当にグッと来ると思うし、手応えもね。


新たに知り得た情報で、今まで書き溜めたバスケノートを解く。
そうした時に、また違った手応えや、感覚を得れる。

そうしたら、次の体育館で、ソレを試してまたナニカを…。

それをバスケノートに書き溜めて、また、次の情報を模索する。
人に聞いたり、助言から分ったり、プレーから習ったり。


ウチの子には、そういう経験をしてほしい。

試合で勝つのも良いけどね、それ以上に良い経験である。
挑戦してみた、ダメだった、やってみた、楽しかった、悔しかった。

その経験は、キット試合に勝つよりも大切である。


勝たせるコトのできない指導者のキレイ事だと笑われるかも知らん。
笑われるかも知らんけど、それって別にどうだっていい事。

わしがそう思うのだから、大切なのだ。
ただただそれだけであるw