2020年10月30日 (金)

影響、著しく…。

審査するとか、順番をつけるとか。
そういうのあまり得意ではないのです。
が、”そういうコト”をお願いされる事もあったり…。

コロナの余波で、セレクション等の開催がアレになり。
世の中の、リモートリモート旋風に負けた感じ。

只今、一生懸命にね。
映像を見て、色んな事を判断している最中であります。

わしは20人分ほどを見るんだけど、、、。
やっぱり生で見て、性格とかも加味したいなぁ~なんて。

そう言ってたら、ソコは2次選考があるらしい。


じゃぁ、コレはナニを見れば良いのだろうか?
体つきか、それともスキルか、はたまた足の使い方か。
出てくる疑問は数知れないのに、誰も答えてはくれない。
こんなアレは、すぐに限界が来るぞ!
って、大きな声をあげたとしても、誰も反応はしないw

いや~淋しい。

こんな時代が来るなんて、誰も思っていなかっただろう。
ジョーダンも、アイバーソンも、カリーも。
ジャームズ・ネイスミスだって、キットね。。。

前と同じようになるとは、誰も思ってない。
そうなると、そもそもの見直しがね。

…そろそろ必要なんじゃないかと、、、。

フワっとしか考えてない、わしなどは思ってしまうのだ。
 

2020年10月29日 (木)

生存報告。

生きてます。

忙しいです。


あ、いつものコトですが…。
仕事以外の何かが忙しいだけですwww
 

2020年10月28日 (水)

面倒臭いヤツもたまには居ますw

素人を受け入れようと思う。
そういう相談を受けた。

今、ウチでも素人さんを受け入れたばかり。
なんて話をしてたら、知り合いから相談があった。

①他の子とのレベル差。
②ドコから教えるか。
③ドコまで教えるか。
④技術を合致させる方法。
などなど、書き切れない程の質問の嵐だ。

通常、4月くらいに受け入れを開始し、ゆっくりと。
コレがモットーなのに、秋入部を受けたらしい。
ま、その経緯は書かないでおくとする。


ウチとするれば、新人さんには感謝しかない。
もう一度基礎からはじめて、基本を通れることや、
1つの技術を会得する最初の1歩の違いも経験できる。

足を動かすのでも、靴からなのか、膝からなのか、
それとも股関節からなのかってトコロも含めてね。

もう一度聞く。

新しいメニューでやれる。

こんなに良い事しかないのに、何故、大変なのだろう?
わしには到底分からないコトなので、持論を展開して、
ニョロニョロっと交わして終わりにしてみた。


1つしかバスケを伝える方向を知らない。
コレは指導者の勝手だし、情報収集を怠ってると思う。
人に教え伝えるのなら、アップロードは欠かせない。

古い情報と、新しい情報を比べたりできるとね。
選手達はもっとバスケに興味を持ち、ルール変更にも、
臨機応変に対処してくれるはずなのだ。

だって、バスケは変わり続けているモノなのだから。。。

「ルールが変わり過ぎ!」
「俺の知ってるバスケと違う!」

そう文句を言ってるだけのロートルはお引き願おうw

ココはそんな覚悟で立ち続けれる戦場ではないのだ。
もう一度、アナタの心を洗浄して、出直して来なさいw

って、コトだね! (`・ω・´)
 

2020年10月26日 (月)

お疲れ、扇風機。

わしの、夏の、強き味方!扇風機様。

彼も遂に今日しっかりと片付けられてた。


綺麗に洗ってもらって、干されてる姿はね。

ひと夏の仕事を全うして、温泉に浸かるが如くである。

そう、神々しさも纏っているかの如くだ。



来年も頼む!m(_ _)m
…と、あの暑さを思い出しながら、願うばかり。。。
 

2020年10月25日 (日)

無敗三冠に思う。

コントレイルという馬がいる。
彼は先ほど、無敗で三冠馬となった、日本の競走馬。

一回も負けずに三冠馬になったのは15年ぶり。
15年前、このコントレイルっていう馬の父親。

その父馬である馬が、無敗三冠を果たしている。


つまり父子で無敗三冠の偉業を成し遂げたのだ。
こういう瞬間があるから、競馬は面白い。

発送前から絶対に勝つだろう感はあった。
あったけど、やっぱりそんなに簡単ではなくてね。

最後は2着の馬と壮絶な叩き合い。
ああいう展開もこの偉業に熱量を足した要因。

ナニカこう、上手く行かない。

ナニカこう、人生と重ねてみてしまう。


無敗の三冠馬ってのは凄いけど、、、。
こういう馬が一度負けた時の方がファンは多くなり、
声援や応援が多くなるのも、NIPPONの国民性。

わしも、先ほどのレースを見ててね。
ドコかで「負けないかな?」って思ってみてたりする。

あ、うん。勝つだろうって思ってるんですよ。
思ってるんだけどね、ナニカそう思ってしまうのです。

コレ、なんなんだろうね。
 

2020年10月24日 (土)

アナタがいるだけで。。。

まず自分が下手だと認識する。
そうしないと努力なんてしないと思うんだ。
重ねて言うと、バスケを考えもしないとも思う。

やはり下手だから工夫するのです、最初は。。。

そして、上手さを実感するから、努力を怠らない。
そういう当たり前を、ウチの子にも感じて欲しい。


わしは手厚くフォローするけど、、、。
ウチの子がナニも見せない程やるまで過保護ではない。

優しさとして、自分の位置を把握させる。
だから頑張るのか、だけど頑張るのか。。。

それとも、だから頑張らないのか。

そういうトコロなのだ。


今、バスケにソコまで集中できてない子が居る。
誰かとは比べないが、ちょい前のアナタと比べるとどうだ?
恥ずかしさや、真っ直ぐに見れないなんて事はないか?


今、バスケをはじめようと思って1歩出した足。
その出した足を生涯忘れない覚悟はちゃんとあるのか?
今だけの、ココだけの1歩ではないだろうな?


選手1人1人に確認してやりたい気分である。


上手くならないのは、教えているわしのせいである。
他の誰も悪くないし、ましてアナタが悪いわけがない。

上手くなるのは、アナタが立派だからだ。
わしの力なんて、本当に微力なものである。
そして、わしがそんなに偉いはずがないであろう?
だって、、、考えてもみろ…わしであるよ?

なwww


立ち止まらないで欲しい。

悩みに押しつぶされたりしないで欲しい。

挑戦する事にしり込みしないで欲しい。

アナタは立派だ。


ウチの体育館に来れていること自体が立派なのだ。

普通の根性だと、アナタの行動に少しでも嘘があれば、
絶対にウチの体育館の入り口は通れないと思う。

アナタに嘘がないから来れるのだ。

それだけで、バスケットボーラーとしては正解である。
胸を張れ!自分を誇れ!それだけでひとまず良いのだ。
 

2020年10月22日 (木)

取捨選択の苦悩。

ナニカを断ったり、遠ざけたり、条件を付けたり。
そういう時に、ちょっとだけ心が痛くなる。
んで、いつも考えてしまう。。。
わしの方が頼みごとをして、断られる方が何倍も良い。
とかね。。。(´-ω-`)

選ばないで良いのなら、それに越したことない。
ドチラかに決めないのであれば、それが良い。

そう思う時もある。
けど、コレは…わしの趣味に大きくかかわる問題。

趣味という事は、わしの興味がソコにあり。
そして、わしの時間を注ぐほどのナニカを感じているとなる。

それなのにな。

選ばないで良いならとか…。

ドチラかに決めないで良いのならとか…。

そんな眠たい事を言って良いわけがない。
それが言えれるのは、そんなに好きじゃないから。
そして、どうになっても良いっていう無気力なアレだからだ。
つくづく思うが、楽な方向ってのは美味しそうに見えるなw


はぁ、、、やっぱやるしかないよな~。
 

2020年10月21日 (水)

こちらからの声掛けは、全てをテストしてたりw

わしはそんなにひねくれてない。
ひねくれてはないのだけど、ひねくれている。
そう思われるような行動をとったりする。

これは”敢えて”なんですが…。

それに気付いて、ササッと自分の事を隠したりね。
サクサクっとその場をやり切る方もいます。

そういう人は、信用できるし、何だか合わせれそうでね。
一緒にナニカをやって行くのも面白かったりします。


逆にソコで何も気付かずに、そのままズボラで…。
みたいな感じの方とは、なかなかアレですよね。
厳しくなるなぁ~って感じたりします。

ナニも聞いてないのに、自分のナニかを発表したり。
アレってなんなんでしょうねwww

いや~マジで怖い怖いw


色々と試しているってのは、誰でもある事。
それを上手くかわせるか、上手く使いこなせるか。

それとも…ナニも気付かないのか…。

ちょっとしたPOINTになるよな~って思ったり。。。

ふぅ、なかなかアレですねw
 

2020年10月20日 (火)

清々しい一言。

「やる気があるかないかじゃろ」
そう淡々と答える、ウチの子はやっぱり立派です。

上手くなるとか、続けれるとか、辞めないとか。
その全ては自分自身の『やる気』ですよね。

そのやる気を引き出す事さえ、わしが出来ればね。
途中離脱とか、中途半端とかはないのです。

教え子にまた教えられたわw


さて、新しい出会いがありました。
こういう『縁』は、わしは結構大事にする方。
でも、ウチの何かを曲げてまで大事にするかというと。
そんな事はないのです。

優先順位を間違わない。
そういう事を丁寧にやって行かなければならない。

出会いだけを大切にしては、それまでが御座なりになる。
身内だけを大事にしては、新しい血が入らない。

血の閉鎖を回避する。

それまでを無下にしない。

ココのバランスが大事です。
さぁ、ウチの子全てが、ガッツリ楽しめるようなね。
そんな時間と空間を用意しなくちゃです!

気合が入るにょ~~~w (*´∀`*)
 

2020年10月19日 (月)

顔無し。

選択肢は無数にあります。
やるorやらないが常にある場所で生きてます。

究極はグレてもいいし、犯罪を犯してもいい。
アナタが生きてさえいてくれれば!ってね。
ホンキで思う事もあったりします。


その中でね。
わしにバッタリ出会って、目を背けたり。
無視というか、見えてない素振りをしたり。

そういうのでも良いのです。

わしは気にしない。
けど、背けたアナタは、かなり気にしていますよね。
じゃないと見えてない素振りなどしないのです。


今、バスケをしてないとか。

昔の自分と違って恥ずかしいとか。

今更、話せないとか。


淋しく育ったモノだ。。。

アナタじゃないアナタになって行って、それで楽しいか?
ま、今は…。
楽しいかどうかなんてどうでもいいのかも知らん。

けどな、アナタがアナタじゃなくなってしまえば…。

話は変わって来るよ。。。分かるかこういうの。。。


わしが淋しくなる。

わしが淋しくなるのだよ。

ナニカを我慢して、ナニカに腹を立てて、、、。

ナニカを隠して。。。


そういうのは、やめた方が良いと思うんだけどな。
今のアナタには、、、聞こえませんかね?
 

プロフィール

フォトアルバム

goiru